FAQ

Q.1 東レ科学技術賞の推薦はどうすればいいのですか。

当会指定の学協会(令和元年度は76の学協会)の代表者、および当会の推薦人(非公開)に以下の通り候補者の推薦をお願いしている。

候補者の対象 ・・・ 貴学協会が関与する分野で、下記のいずれかに該当する方

  1. (1) 学術上の業績が顕著な方
  2. (2) 学術上重要な発見をした方
  3. (3) 効果が大きい重要な発明をした方
  4. (4) 技術上重要な問題を解決して、技術の進歩に大きく貢献した方

年令は問いません。

科学技術賞 ・・・ 1件につき、賞状、金メダルおよび賞金500万円(2件以内)

選考委員会で厳正に審議・選考を行い、2月中旬に開催する当会理事会において受賞者を決定(令和元年度は2件)します。

詳しくは6月中旬頃に当会ウェブサイトに公表する推薦要領、推薦書をご覧ください。

Q.2 東レ科学技術研究助成の推薦はどうすればいいのですか。

当会指定の学協会(令和元年度は76の学協会)の代表者、および当会の推薦人(非公開)に以下の通り候補者の推薦をお願いしている。

候補者の対象 ・・・ 貴学協会が関与する分野で、国内の研究機関において、自らのアイディアで萌芽的研究に従事しており、かつ今後の研究の成果が科学技術の進歩、発展に貢献するところが大きいと考えられる若手研究者(原則として推薦時45歳以下)。本助成が重要な研究費と位置づけられ、これにより申請研究が格段に進展すると期待されることが要件。
申請の基となった研究が海外で行われていても差し支えありません。

科学技術賞 ・・・ 総額1億3千万円。1件3千万円程度まで10件程度とします。
選考委員会で厳正に審議・選考を行い、2月中旬に開催する当会理事会において受賞者を決定(令和元年度は11件、総額1億3千万円)します。

詳しくは6月中旬頃に当会ウェブサイトに公表する推薦要領、推薦書をご覧ください。

Q.3 東レ理科教育賞の応募はどうすればいいのですか。

全国の中学校・高等学校の理科教育を担当、指導、または研究する方に以下の内容を対象に公募します。

東レ理科教育賞の対象 ・・・ 東レ理科教育賞は、理科教育を人間形成の一環として位置づけた上で、中学校・高等学校レベルでの理科教育における新しい発想と工夫考案にもとづいた教育事例を対象 としています。論説や提案だけではなく、教育の現場で実績のあるものを期待しています。生徒の科学に対する興味を深めるために、例えば次のような事項が考えられます。

  1. (1) 実験・観察、演示などの教材・教具の開発とその実践例。
  2. (2) 効果的な実験法、器材の活用法、自発的学習をうながす工夫など。
  3. (3) よりよい理科教育のための指導展開。

(注)理科教育賞には、学校のクラブ活動や、博物館などの自然科学教育も含みます。

東レ理科教育賞 ・・・ 東レ理科教育賞文部科学大臣賞(賞状、銀メダル、副賞賞金100万円)、東レ理科教育賞(賞状、銀メダル、副賞賞金70万円)、 東レ理科教育賞佳作(賞状、副賞賞金20万円)、東レ理科教育賞奨励作(賞状、副賞賞金20万円)を合わせて10件程度選定します。
審査委員会で厳正に審議・選考を行い、2月中旬に開催する当会理事会において受賞者を決定(令和元年度は9件)します。

詳しくは6月中旬頃に当会ウェブサイトに公表する応募要領、申請書をご覧ください。

Q.4.東レ理科教育賞・企画賞が新設されると聞きましたが、どのような賞ですか。また、応募はどうすればいいのですか。

東レ理科教育賞と同じく全国の中学校・高等学校の理科教育を担当、指導、または研究する方を対象に公募を行い、中学校・高等学校レベルでの理科教育における新しい発想と工夫考案にもとづいた企画・開発で、開発後は東レ理科教育賞への応募が期待されるものを10件程度選出する予定です。
令和2年度第1回審査委員会において、賞状、副賞賞金を含め応募要領、申請書を決定しますので、詳しくは6月中旬頃に当会ウェブサイトをご覧ください。