東レ科学技術賞 推薦要領

第63回(令和4年度)東レ科学技術賞概要(学協会からの推薦を受付中)

第63回(令和4年度)東レ科学技術賞の候補者を募集しています。
当会が推薦を依頼した学協会の推薦によりご応募いただきます。

1. 候補者の対象
  1. (1) 学術上の業績が顕著な方
  2. (2) 学術上重要な発見をした方
  3. (3) 効果が大きい重要な発明をした方
  4. (4) 技術上重要な問題を解決して、技術の進歩に大きく貢献した方

年齢は問いません。

2. 科学技術賞 1件につき、賞状、金メダルおよび賞金500万円(2件以内)
3. 推薦者

当会指定の学協会の代表者

推薦依頼学協会一覧

4. 候補者推薦件数 1学協会から2件以内
5. 推薦手続 所定の推薦書用紙に選考に必要な事項を正確に記載し、学協会へ提出してください。
提出方法は学協会へお問い合わせください。
なお、学協会から当会へ候補者を推薦いただく際、従来は紙媒体で受け付けておりましたが、今年度からPDFファイルで受け付けることに変更いたしました。
6. 推薦書用紙

学協会へご請求ください。
以下のファイルをご使用いただいても結構です。

7. 推薦締切期日 各学協会から当会への締切は2022年10月7日(金)必着ですが、詳細は学協会へお問い合わせください。
8.選考方法

下記委員からなる選考委員会において選考し、理事会で受賞者を決定します。

選考委員
相原博昭(委員長)
石野史敏、伊藤耕三、金光義彦、菊池 章、佐々木えりか、清水孝雄、樽茶清悟、野崎京子
選考結果は2023年2月下旬に推薦者(学協会の代表者)に通知します。

9. 科学技術賞の贈呈

2023年3月15日(水)(予定)

(注)

  1. 推薦を受けた候補者は、その年度および次の年度にわたって選考の対象としております。したがって令和3年度に推薦された候補者については、令和4年度に再度ご応募の必要はありません。ただし令和3年度の推薦以降において、追加すべき顕著な業績または発表や受賞があり加筆が望ましい場合は、再提出いただいても結構です。
  2. 受賞者は、原則として1件1人とします。特に複数人であることを必要とする場合は理由を明確にしてください。
  3. この科学技術賞は、所得税法(第9条第1項第13号ニ)の規定により非課税となっています。
  4. 「推薦書の個人情報に関する取り扱いについて」を確認のうえ、その内容に同意した方のみご応募ください。

東レ科学技術賞受賞者 分野別ヒストリーマップ

科学技術で優れた業績をあげた方に対して、東レ科学振興会がこれまで行ってきた東レ科学技術賞の表彰内容を網羅した分野別ヒストリーマップです。

東レ科学技術賞受賞者 分野別ヒストリーマップ