お知らせ

平成29年度(第49回)東レ理科教育賞応募要領

1. 東レ理科教育賞の対象

東レ理科教育賞は、理科教育を人間形成の一環として位置づけた上で、中学校・高等学校レベルでの理科教育における新しい発想と工夫考案にもとづいた教育事例を対象 としています。論説や提案だけではなく、教育の現場で実績のあるものを期待しています。
例えば次のような事項が考えられます。

  1. 生徒の科学に対する興味を深めるなど、よりよい理科教育のための指導展開。
  2. 効果的な実験法、器材の活用法、自発的学習をうながす工夫など。
  3. 実験・観察、演示などの教材・教具の開発とその実践例。
  • (注)理科教育賞には、学校のクラブ活動や、博物館などの自然科学教育も含みます。

2. 褒賞

東レ理科教育賞
文部科学大臣賞
東レ理科教育賞の中で特に優れているもの 賞状、銀メダル、
副賞賞金 100万円
東レ理科教育賞   賞状、銀メダル、
副賞賞金 70万円
東レ理科教育賞
佳 作
東レ理科教育賞に次ぐもの 賞状、
副賞賞金 20万円
東レ理科教育賞
奨励作
東レ理科教育賞および佳作とは別に、理科教育上広く普及を奨励するもの 賞状、
副賞賞金 20万円

合せて10件程度選定します。

3. 応募資格

中学校・高等学校の理科教育を担当、指導、または研究する方。
(中学校・高等学校・高等専門学校・大学などの教員、指導主事、教育研究所・教育センター・博物館の所員など)

4. 応募手続

  1. 所定の応募用紙(申請書)に必要事項を記入し、下記提出先に1部郵送してください。
    応募用紙は、以下のファイル(PDF,Word,一太郎)を使用してください。
  2. 共同の業績である場合は代表者を定めてください。賞は代表者に贈呈されます。
  3. 応募作について特許あるいは実用新案の取得を予定している方は応募前に出願しておいて下さい。
  4. 応募締切日 平成29年9月30日 必着

PDF申請書

PDF申請書(rik_001.pdf/173K)

Get Adobe Readerpdfファイルをご覧になるには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要となります。Adobe Readerをお持ちでない方は、ここをクリックしてダウンロードしてください。

WORD申請書

WordMicrosoft Word(ヴァージョン2007以降)をお使いの方は、
ここをクリックして、このファイル(rik_002.docx/42K)を使用してください。

一太郎申請書

一太郎一太郎(ヴァージョン12以降)をお使いの方は、ここをクリックして、このファイル(rik_003.jtd/90K)を使用してください。

5. 審査

審査委員会によって第一次および第二次審査を行い、受賞作を選考します。
審査委員 西原 寛(委員長),柴田 利明,岡 良隆,村田 滋,佐々田 博之,栗田 敬

(注)
  1. 第一次審査は、書類選考により行い、その結果は平成29年12月下旬に通知します。
  2. 第二次審査は、平成30年1月7日審査会場において、教材・教具などを使用して説明していただきます。これに必要な旅費は当会内規により支払います。結果は平成30年2月下旬までにお知らせします。
  3. 選にもれた応募には、審査委員会の意見をお送りします。今後のご参考にしてください。
  4. 選にもれたものを改良した場合には、再応募することができます。

6. 東レ理科教育賞の贈呈式

東レ理科教育賞文部科学大臣賞および東レ理科教育賞の受賞者は、平成30年3月中旬に東京で開催予定の第58回東レ科学技術賞・東レ科学技術研究助成および第49回東レ理科教育賞の贈呈式へご招待します。

7. 受賞作の公表

  1. 受賞作の普及・活用を図るため「受賞作品集」を刊行し、全国の中学校・高等学校および関係教育機関などに贈呈します。また、当会ウェブサイトにも掲載します。
  2. 記憶媒体(CD、DVD、USBメモリー)を伴う受賞作については、教育の場での普及を図るため、それらの貸与をお願いすることがあります。

8. 応募用紙の提出先

公益財団法人 東レ科学振興会
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番16号(日本橋室町ビル)
Tel: 03-6262-1656 Fax: 03-6262-1901